マグコミ料理研究部#1『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』

初めまして。

MAGCOMIを運営するスタッフの

企画編集室Tと申します。

 

私が考える〝マンガに欠かすことができない要素〟

それはずばり……

食欲をそそるような「食事シーン」です!!

 

料理を通して、作品をもっと知るために発足したのが、

 「マグコミ料理研究部」!

それでは、クッキングスタートです!!

 

今回、取り上げたい作品は……

『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』

通称、「ネクヤン」です!

 

f:id:magcomi:20200414172736p:plain

 

『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』とは!?

☆story☆

和風メイド喫茶で働く可愛く朗らかな女の子・「花」と

黒髪がきれいな凛とした美人・「めい」。

二人はお互いに好きだと気づいていない両片思い。

…しかし、二人には相手にバレてはいけない秘密が…。

 

☆人物相関図☆

f:id:magcomi:20200618195007j:plain

 

 

ちょっとネクラな男子高校生の「憂真」。

そんな「憂真」には、誰にも言えないもう1つの顔が……。

f:id:magcomi:20200618201435j:plain

 

実は「憂真」は…「花」という名前で、

メイドカフェ「浪漫」で女装して働くメイドさんなのでした!

f:id:magcomi:20200625132014j:plain

 

その姿が、とてもカワイイヾ(≧▽≦)ノ

f:id:magcomi:20200625132450j:plain

 

そんな「花」は「めい」という

常連のお客さんに好意を寄せているのですが……

f:id:magcomi:20200625134604j:plain

一方、「めい」にも人には言えない秘密が……

彼女の正体は、ちょっとヤンチャな高校2年生「シューメー」なのでした!

f:id:magcomi:20200618200138j:plain

メイド喫茶で働く「花」を見て、彼女に一目ぼれしてしまった
「シューメー」は、男の姿のままで、お店に行くのをためらい

「女装して入店すれば、恥ずかしくない」……という結論を出しました!

 

f:id:magcomi:20200618200658j:plain

 

本作はそんな両想いの2人を中心とした、

複雑な人間関係が織りなす女装男子ラブ(?)コメディです!

f:id:magcomi:20200618200948j:plain

 

「ネクヤン」の第1話では、

花(憂真)を目当てに、メイドカフェ「浪漫」に通う

めい(シューメー)に対して、特製の手作りのクッキーを食べさせて

あげるシーンがあります。

 

f:id:magcomi:20200414190104j:plain

 

とても可愛らしい、2人のやりとりが印象的なこのシーンですが、

クッキーを手作りした憂真の想いを探るべく、

とおる先生にインタビューをさせていただきました!

 

☆とおる先生スペシャルインタビュー☆

――本日はよろしくお願いします。

f:id:magcomi:20200618184441j:plain よろしくお願いします。

 

――早速ですが、花がめいに手作りのクッキーをあげるシーンについて、数ある料理の中でクッキーを登場させたのは、何か理由があるのでしょうか?

f:id:magcomi:20200618184441j:plain 憂真の中で「女子=手作りクッキー」みたいな定義があるので、それです!

 

――そうだったのですね! ちなみにですが、憂真は料理が得意という設定なのですか??

f:id:magcomi:20200618184441j:plain 憂真はレシピがある簡単なものなら…って感じですね~

f:id:magcomi:20200618191831j:plain

 

――余談になってしまうのですが、他のキャラクターたちは、料理はできるのでしょうか?

f:id:magcomi:20200618184441j:plain メインキャラクターの中で、料理ができるのは弓弦と中村ですね。シューメーは焼きそばしか作れないです(笑)

 

――弓弦と中村が作る料理を食べてみたいです。 そして、シューメーは本当に……期待を裏切らないですね(笑)

とおる先生、本日はお忙しい中、インタビューにお答えいただきまして、ありがとうございました。

f:id:magcomi:20200618184441j:plain ありがとうございました。

 

―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*―*…*――*…*―*…*―*…*―*…*―*…

 

めいのことを想って、一生懸命にクッキーを作ったこと考えると感慨深いですね!

 

とおる先生のお話をお聞きしたあと、

私(料理下手)も、憂真の気持ちを体感するために

実際に「花型のクッキー」を作ってみました!

 

材料はこちら↓ ↓ ↓

f:id:magcomi:20200706184036j:plain

・小麦粉

・グラニュー糖

・バター

・卵

・飴玉

 

①まずは、生地を練って、伸ばしていきます。

f:id:magcomi:20200706184318j:plain

 

②次に、花型の型を付けます!

f:id:magcomi:20200706183304j:plain

 
❀花形のイメージで、型付け完成❀

f:id:magcomi:20200706185016j:plain

 

③そのあと、オーブンでじっくりと焼きます!

f:id:magcomi:20200706185601j:plain

 

④最後の仕上げとして、彩りをつけるために

型の真ん中に、砕いた飴玉を流しこみます~

f:id:magcomi:20200706190019j:plain

 

⑤それからもう一度、焼いたら完成です!ヾ(≧▽≦)ノ

f:id:magcomi:20200414191537j:plain

 (☆完成図☆)

 

作り終えた感想としては……

想定していたより大変でした!(笑)

 

きっと憂真もこのように、

めいを想いながら一所懸命にクッキーを作ったのですね…!

 

皆さまも、憂真のように大切な人にクッキーを作ってみてはいかがでしょうか!?

きっと、料理に込めた想いは、相手に届く!……はずです。

 

お送りしてきました

 第1回「マグコミ料理研究部」はいかがでしたか?

 

まだ「ネクヤン」を読まれていない読者の方がいらしたら、

これを機に、お手に取ってみてはいかがでしょうか!?

また、すでに本作をご存じのファンの方々は、

クッキーのシーンに注目して、作品を読み返してみてください!

 

magcomi.com

 

次回以降も、

料理を通して作品を知ることができるような

記事をお送りいたします!

ぜひ、次回の更新をお楽しみにしてください!!